不動産売買契約のご締結 | 本八幡、市川市の不動産(一戸建て・土地・マンション)なら優和住宅へ。

掲載件数884件  会員様限定件数704件  一般公開件数180

不動産購入の流れ

STEP05

不動産売買契約のご締結

ご購入物件が決まったら、速やかに購入申し込みを行い交渉優先権を確保します。その後、売主様と契約の諸条件を調整し売買契約へと進みます。流れとしては、売買契約の前に不動産会社より重要事項説明を受けます。ここで、物件にかかわる重要な事項を理解したうえで契約に臨みます。重要事項説明書と売買契約書に署名・捺印を済ませ、金銭の授受を行えば契約の完了です。

購入申込み

まずは購入したい物件を決定して、購入申し込みを行いましょう。取り扱う会社にもよりますが、一般的には先着順となるケースがほとんどです。
ですので、意思決定はスピーディーにした方が優先権を確保しやすいでしょう。この時に価格や引渡し等の各種条件を交渉し、
折り合いがつけば契約へと進みます。

重要事項の説明

売買契約にあたって、その事前に宅地建物取引士より重要事項説明の実施が法律で定められております。 重要事項説明とは、不動産売買契約にあたり不動産会社が買主様へ説明しなければならない事項をいい、法律にて、その内容が明確に定められています。これは、買主様にとって契約の意思決定を左右する重要な内容を理解していただくために行われます。 後になって、知らなかったや聞いていなかった等のトラブルが無いように、この内容は必ず十分に理解したうえで契約に臨みましょう。そうすることで、売る側・買う側ともに納得したうえで取引が可能になります。

売買契約締結

  • 売買契約書にも、法律で定められた事項が記載されています。その他にも物件状況を確認する書類として物件状況等報告書や付帯設備表などがあります。これらを売主様から書面化により、明確にしていただいたうえで契約の締結を行います。
  • この時、売主様へ手付金の支払いを行います。

売買契約時に必要なもの

  1. 1

    手付金(売買価格の5%〜10%が目安)

  2. 2

    実印

  3. 3

    印紙代(売買契約書に貼付する印紙のため)

  4. 4

    仲介手数料半金(仲介物件の場合)

  5. 5

    本人確認ができる書類(運転免許書、パスポート、健康保険証等)