どんな差がある? 不動産売却における仲介と買取の違い | 本八幡、市川市の不動産(一戸建て・土地・マンション)なら優和住宅へ。

掲載件数417件  会員様限定件数272件  一般公開件数145

初心者必見! 不動産マガジン

どんな差がある? 不動産売却における仲介と買取の違い

どんな差がある? 不動産売却における仲介と買取の違い

不動産を売ろうと思ったとき、できるだけ有利に売却するためには、どんな売り方をすれば良いのでしょうか? 不動産売買の現場で、「仲介」や「買取」という言葉をよく耳にしますが、「仲介」と「買取」はどう違うのでしょうか? 2つの違いをきちんと学んで、不動産売却を有利に進めましょう。

不動産売却の種類には何がある?


不動産の売却方法には、不動産会社に「仲介」を依頼する方法と「買取」してもらう方法があります。「仲介」の場合は、不動産会社に買い手を探してもらって土地や家を売却します。売買は売主と買主の間で行われ、不動産会社には「仲介手数料」を支払います。
「買取」の場合は、不動産会社が直接家や土地を買い取ります。買取の場合は不動産会社が買い手なので、仲介手数料は発生しません。

仲介で売却する方が良いケース


不動産会社に仲介を依頼するときは、「媒介契約」という契約を結びます。媒介契約には、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3種類があります。どの契約も、家の売買を仲介してもらうという部分は同じですが、不動産会社に業務を任せる度合いが違います。

専属専任媒介契約

売主が、不動産会社1社だけに仲介を依頼します。自分で買い手を探した場合でも、契約は仲介契約した不動産会社を通して行います。

専任媒介契約

売主は不動産会社1社だけに仲介を依頼しますが、自分で買い手を探した場合は不動産会社を通さずに契約することができます。

一般媒介契約

売主が、複数の不動産会社に仲介を依頼する契約です。

中でも「一般媒介契約」は、売主の自由度が高い契約ですが、不動産会社からすると不安定な契約。そのため「専属専任媒介契約」や「専任媒介契約」物件の販売を優先される場合もあります。

手持ち不動産が買い手の多い物件の場合や、それほど売却を急がず中長期的なスケジュールで高く売りたい場合は、仲介での売却が向いているでしょう。数社に査定を依頼し、信頼できると思った不動産会社1~2社と、一般媒介契約を結ぶのがおすすめです。

また「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」は、有効期限が3カ月と定められているので、信用できる不動産会社と3カ月間だけ専任契約を結ぶ方法もあります。

買取で売却する方が良いケース


すぐに不動産を処分したい、今すぐお金が欲しいなど、売却を急ぐ場合は買取が確実です。建売物件を自社で数多く扱う不動産会社なら、家の状態があまり良くないため改築やリフォームをしないと売れない物件も買い取ってもらえることがあります。

ただし不動産会社にしてみれば、「買取価格を安く、販売価格を高く」すれば利益が大きくなるので、査定を厳しくする場合も考えられます。買取で不動産を売却するときは、買取条件に注意しましょう。例えば古家の解体費用はどちらが負担?境界確定は必要?不要?など、条件によっては別途費用が発生する場合もありますから、買取額とあわせて条件面の精査も必要になってきます。

手持ちの不動産がどんな状態か、いつまでに売却したいかなどで売り方は変わってきます。どのように不動産を売却するのかを考えて、「仲介」と「買取」いずれの方法をとるか選びましょう。