残代金決済・引き渡し

STEP09

残代金決済・引き渡し

事前に定めた契約の内容で物件の引渡しを行います。物件の状況を改めて確認しましょう。
残代金の受領と引き換えに物件の引渡しを行い、売買契約の完了となります。

残代金決済・引渡しの流れ

  1. 物件の確認

    決済に先立ち、売主様・買主様立会いによる物件の最終確認を現地にて行います。境界の確認や設備表等にもとづき、契約書に定めたとおりに引渡しが行われるか確認します。

  2. 登記関係書類の確認

    所有権移転登記の申請に必要な書類を司法書士が確認します。

  3. ローンが残っている場合

    ご売却物件に住宅ローンなどの抵当権がついている場合、残りの債務を一括返済して、抵当権を抹消しておかなければなりません。

  4. 残代金の受領

    買主様から売主様に残代金を支払います。預金小切手で授受するケースもありますが、買主様が住宅ローンを利用する場合などは、金融機関に集まって振込みで残代金を授受するケースがほとんどです。残代金授受の完了と同時に、所有権移転、抵当権の抹消等の登記申請を司法書士に委任します。

  5. 各種負担金の清算

    固定資産税や管理費等(マンションの場合)の清算を行ないます。引渡し前日までは売主様の負担、当日からは買主側の負担として日割りで清算を行うのが一般的です。

  6. 鍵の引渡し

    残代金の受領と同時に、物件(鍵)を引渡します。玄関の鍵だけでなく、勝手口、門扉その他の鍵などをすべて渡します。引渡しが完了した証として、売主・買主双方で「引渡確認票」を取り交わし、売買契約の全てが完了したことを確認します。

  7. 関係書類の引渡し

    マンションの管理規約や分譲時のパンフレット、エアコン、給湯器など付帯する設備については取扱説明書なども買主様にお渡ししましょう。

  8. 諸費用の支払い

    不動産会社への仲介手数料、司法書士へ報酬などの支払いを済ませます。

残代金決算時に用意するもの

  1. 1

    登記費用(抵当権抹消・住所変更登記などがある場合)

  2. 2

    仲介手数料残金

  3. 3

    登記済権利証(登記識別情報)

  4. 4

    印鑑証明書(3カ月以内に発行のもの、共有の場合各々必要)

  5. 5

    住民票(住所変更登記がある場合)

  6. 6

    本人確認書類(免許書・パスポート等)

  7. 7

    ご実印(共有の場合、各々必要)

  8. 8

    売却物件に付随する全ての鍵(宅配ボックスやポストの暗証番号なども含む)

  9. 9

    管理規約、分譲時パンフレット、建築確認書など

  10. 10

    預金通帳等(売買代金を振込にて受領する場合の口座確認に必要)

ここがポイント!

  • 引越した後はお部屋のお掃除をして、買主様に気持ちよく引渡しができるようしておきましょう。
  • 買主様に引き渡す、パンフレット、取扱説明書、保証書などを整理しておきましょう。
  • 印鑑証明書などは早めに取得しておきたいものです。(ただし有効期間3ヶ月)
  • 決済時に必要な権利書もお忘れなく。