売却の相談

STEP01

売却の相談

不動産の売却は生活環境やスケジュールなどによって、売却方法は変わってきます。住みかえを考え始めたら、まずは不動産のプロに相談をしてみましょう。
お手持ちの不動産がどれ位の価値なのか、住宅ローンの残債がある場合にはどうしたらよいか、また、税金名などの諸費用はどのくらいかかるのか、お客様の状況にあった売却方法をご提案します。

税金などの諸費用について

お手持ちの不動産を売却する場合にも経費がかかり、売却価格から売却にかかる経費・税金を引いた分がお手元に残ります。

  • 主な諸費用の例として、依頼した不動産会社への仲介手数料、地積を確定させるための測量費用、残債がある場合の抵当権抹消費用などがあります。
  • 現況の建物をリフォームをした方が良い場合、解体して更地にした方が良い場合では、その費用負担も必要です。
  • 売却時の税金は、売却にともなう利益にかかる所得税・住民税、契約書にはる印紙税などが主なものです。詳細は不動産会社にてご確認ください。

まずは、税金や諸費用を不動産会社に確認しておくとよいでしょう。

優和住宅では時代にマッチした紙媒体とインターネット広告を駆使したクロスメディア戦略と3つの販売プランでお客様の売却活動を協力にバックアップいたします。