注文住宅と建売住宅の違いとは? どちらが良い? | 本八幡、市川市の不動産(一戸建て・土地・マンション)なら優和住宅へ。

掲載件数419件  会員様限定件数272件  一般公開件数147

初心者必見! 不動産マガジン

注文住宅と建売住宅の違いとは? どちらが良い?

注文住宅と建売住宅の違いとは? どちらが良い?

注文住宅と建売住宅。同じ一戸建てでも、さまざまな違いがあります。マイホームを考えるとき、どちらを購入するのが良いのでしょうか? さまざまなポイントから比較してみましょう!

注文住宅とは?

施主が所有している土地に、ハウスメーカーや工務店が家を建てるのが注文住宅。土地を所有していない場合は、土地探しから始める必要があります。 注文住宅の最大の特徴は、例えば「中庭に面して大きな開口部を作る」、「キッチンを家の中心にする」など、施主の思う間取りやデザインで家を建てることができる点です。 お金に余裕があれば誰しもが一度は建ててみたい!と思う、それが注文住宅ですね!

建売住宅とは?

住宅会社が用意した土地に家を建てて売る住宅です。一般的に、複数の区画を販売することは、分譲住宅と言います。 建築住宅の場合は、その住宅を企画した住宅会社の方針にもよりますが、原則は注文住宅と違い、変更等はできません。出来上がったものをそのまま売るのが建売のスタイルです。ただし、状況により、一部の注文を受け付けできる場合もあります。

注文住宅と建売住宅! どちらが良い?

注文住宅と建売住宅、どちらが良いかということは買う人によっても変わります。費用や自由度などのポイントで差を把握して、自分に合うのはどちらか判断するようにしましょう。

費用面の比較

建売住宅は、数軒まとめて建てて販売するのが一般的。まとめて建てることで資材や建築費を抑えて、比較的リーズナブルな価格で売られます。建売住宅は普通、土地付きで販売されます。土地代+建物代で売りやすい価格設定をするので、土地が高い地域では建築費は低めの住宅になります。 一方、注文住宅は建物だけの価格ですから、施工主は「土地代+建物代」を考えて予算を組む必要があります。注文住宅は1軒だけで建てるうえに、こだわりをもって建てることが多く、建物本体の価格は建売住宅よりはるかに高めになりがちです。

自由度の比較

完成状態で販売する建売住宅の場合、若干のオプション工事以外、間取りなどの自由度はほぼありません。着工前に販売する場合は、間取りや色合いを選ぶことも可能ですが、水回りなどの設備に関しては、大きく変えられないのが一般的です。 一方注文住宅は、基礎(土台)を含めて自由に設計することが可能。費用の面を抜きにすれば、間取りやデザインなど、全て自分のオーダー通りに家をつくることができます。

家の寿命、品質の比較

基本的には「建売だから」、「注文住宅だから」ということで、家の寿命や品質が変わるとは言えません。一般的に建売住宅の方が注文住宅に比べて建築費が低いので、建材も比較的リーズナブルなものが使われる傾向にあります。

土地の比較

建売住宅の場合、販売会社は立地の良い場所を探して住宅を建てます。また土地を造成して、宅地を新たにつくる場合もあります。 一方注文住宅を建てるには、施主が土地を確保しなければいけません。「実家の土地に家を建てる」といった場合は問題ないのですが、土地から探すとなるとなかなか難しいものがあります。土地だけで売りに出される物件は多くはなく、あっても建築条件(土地を買ったら建物を建てる業者が決まっている)が付いていたりするからです。土地から探さなければいけない注文住宅は、立地が悪くなる可能性もあることを知っておきましょう。 このように、マイホームにこだわりたい人には自由度の高い注文住宅が向いています。一方で建売住宅はコストパフォーマンスに優れ、立地の良い物件も比較的多めです。また、建売住宅は住宅のプロが住みやすいよう工夫を重ねるので、優良な会社が手がけた住宅は価格に比べて良くできていることがあります。もし気に入った物件があるのであれば、注文住宅にこだわらず建売住宅に住むという選択肢もおすすめです。

まずは物件検索

  • エリアから探す

     
  • 路線から探す

     
  • 学区から探す

     
  • マップから探す