子育てをするならマンションより一戸建て? その理由とは? | 本八幡、市川市の不動産(一戸建て・土地・マンション)なら優和住宅へ。

掲載件数417件  会員様限定件数272件  一般公開件数145

初心者必見! 不動産マガジン

子育てをするならマンションより一戸建て? その理由とは?

子育てをするならマンションより一戸建て? その理由とは?

皆さんは、どんな環境で子供を育てたいと考えていますか? マンション? それとも一戸建て? 住環境は、いろいろな面で子供の成長に影響を与えます。余裕ある子育てをするためには、一戸建ての方がおすすめです。一戸建てには、子供に安心の環境がそろっています。今回は、子育てをする環境として一戸建てがピッタリな理由をご紹介します!

子育てをするならマンションより一戸建ての方が良いって本当?


子育てをする際、ファミリータイプのマンションなら、マンション内で同年代の友達ができるし、大型マンションは敷地内に遊ぶ場所もあるので便利、という声があります。確かに、設備の整ったマンションも数多く見られますが、やはり子育ての場としては一戸建てにメリットが多そうです。その理由を下記で見ていきましょう。

1.騒音を気にしなくても良い

マンションで暮らす上で最も不便なのは、隣家が密接していることです。床や壁に遮音性能があっても、子供の高い声や走り回る足音は伝わりやすく、音問題が気になります。その点、家と家の間に距離がある一戸建ては、周囲を気にせず子供を思いきり遊ばせることができます。

2.子供部屋が作れる

分譲マンションの床面積を見ると60~80㎡、2~3LDKのサイズが平均的。これに対して一戸建ては、都市部でも90㎡以上の床面積で4LDKほどのサイズを確保している物件が多くなっています。床面積に余裕のある一戸建てなら、複数の子供部屋を作ることが可能です。子供が大きくなってから別々の部屋を欲しがったとしても、十分に対応できるでしょう。

3.収納が比較的多い

一戸建ては、室内だけでなく庭やガレージなど、屋外に物を置けるスペースがあるのも強み。自転車やスケートボードなどの戸外で使う遊具の保管にも余裕がありそうです。。

4.庭付き一戸建ての場合、外で遊べる

特に子供が小さいときは、庭付きの一戸建てが重宝します。水浴び用のプールやブランコなどを置けるので、公園まで出掛けて行かなくても、親の目が届く範囲で子供を遊ばせることができて安心です。
中には、専用庭が付いたマンションもありますが、一戸建であれば上層階を気にすることもありません。

子育てに適した一戸建ての選び方


子供の健康、安全、教育の3ポイントに絞って、ふさわしい環境を探すのがおすすめです。どんな家に住むかによって、子供の生活に大きく影響します。

1.健康的な住環境

日当たりと風通しの良い家を選びましょう。湿気がたまりやすいと、アレルギーの原因になるカビが生えやすくなります。建材や塗装剤に、シックハウス対策が施された家が今はあたり前になってきました。

2.安全な家と周辺の環境

屋内の段差や手すりの高さなど、危険な個所がないかチェックしましょう。子供は家から飛び出して行くことがあるので、前面道路と家の位置にも注意を。学校、公園、児童館、スポーツ施設などへのアクセスと、交通環境(車の通行量が多いかなど)も見ておきたいポイントです。

3.教育に有利な環境

幼稚園、保育園、学校などが近くにあるか、近くに身体を使って遊べる公園や自然があるか、スポーツクラブや塾、習い事の教室など学びたい気持ちに応える施設はあるか。また、図書館や文化センターなど子供が行ける文化的施設があるか、などをチェックします。勉強だけでなく、総合的に学べる環境が周囲にある物件が好ましいでしょう。

マンションは一戸建てに比べて、駅から近距離で商店が近い立地が多めです。こうした環境は大人が生活するには便利ですが、交通量が多くさまざまな人がいるので、安全面で不安なこともあります。一戸建ての多い住宅地なら学校、公園、図書館、スポーツクラブなど子供向きの施設が多いので、子育てに適した環境が確保されていると言えます。これまで述べてきた様に、子育てをするなら、一戸建てが有利な選択だと言えるのではないでしょうか。